趣都金澤 > 趣都金澤とは

金沢には歴史・伝統・文化などの蓄積があり、文化経済都市としての基盤が整いつつあるが、今後の金沢には、これらの文化経済都市としての基盤の上で民間の活力を活かした事業を展開し、更なる地域の発展を牽引する非営利法人が必要とされていると感ずる。

特定非営利活動法人趣都金澤は、「日本一趣深い都市-趣都・金澤の実現」をキーワードに、金沢の強みである「文化」を機軸とした市民主導のまちづくり事業や、提言の発信及び国内外の文化経済都市の研究を通し、金沢市及びその周辺地域のまちづくりの推進や人材育成及び地域経済の活性化に寄与することを目的として、設立する。

平成18年2月に金沢のまちづくりに関心のある有志が集まり、金沢の発展には、その強みである「文化」をベースとした市民主導のまちづくり事業を展開する必要があるとの認識を持ち、まちづくり団体の結成の検討を始めた。

同年18年3月には文化経済都市に関する勉強会を開催し、同時に団体としての事業概要について議論を行った。同年4月に設立発起人が集まった結果、事業を遂行するには団体としての組織性や事業性、継続性の確保が不可欠であり、そのためには特定非営利活動法人として設立することが最適との結論を得た。

その後の同年6月から7月には、法人設立に向けての行動予定を策定するともに事業計画及び収支予算を検討し、法人設立に至った。