HOME > 2011年度以前

2011年度以前

日時
平成22年2月16日(火)
(第1部)【講演会】18:00~18:50【トークセッッション】~19:20
(第2部)【新年懇親会】19:30~
場所
(第1部)「金沢文芸館」金沢市尾張町1-7-10 TEL263-2444
(第2部)「壽屋」金沢市尾張町2-4-13 TEL231-6245
テーマ
ミュージアム・マネージメントの実践~多視点からの融合によって生まれるマネジメント~
話者
大堀 哲 氏(おおほり さとし)
参加費
【講演会他】無料【新年懇親会】一般8,000円、趣都会員4,000円
主催
NPO法人趣都金澤、日本ミュージアムマネージメント学会
後援
石川県インテリアデザイン協会、(社)日本建築家協会北陸支部石川地域会
お申し込み
参加希望の方は、2月5日(木)迄に、事務局へFAXにてお申し込み下さい。
NPO趣都金澤事務局 FAX 076-223-1251 (お問合せ TEL 090-9692-3231)

ミュージアム・マネージメント」は法律、経営、心理学、マーケティング、マスコミュニケーションなどの各学術分野の視点が組み入れられた一つの研究領域として確立し、実践的なマネージメントや人材育成などに活かされています。今回の趣都塾では、この分野の研究領域を対象とする我国唯一の学会を率いておられる、長崎市に平成17年に開館した長崎歴史文化博物館の大堀館長をお招きし、長崎歴史文化博物の運営に指定管理者制度を適用された当時や、「今までの博物館には経営の視点が決定的に欠けていた」という鋭い視点からの現在をお話し頂き、学術都市金沢の今後についても探っていきたい。

日時
平成21年12月3日(木)18:00~19:30
場所
金城楼
テーマ
北陸・日本海都市連携の未来 ~ツールド日本海ママチャリラリーからの考察~
話者
森 雅志 氏  富山市市長
伊東 順二氏  富山大学芸術文化学部教授、富山市政策参与
日時
平成21年9月20日(日)17:30~19:00
場所
石浦神社本殿(金沢市本多町3丁目1-30 TEL(076)231-3314)
話者
金沢工業大学准教授  宮下 智裕 氏
広坂振興会理事    和田 健嗣 氏
STUDIO YUTAKA代表  飯尾 豊  氏
参加費
無料
主催
NPO法人趣都金澤
お申し込み
参加希望の方は、9月16日(水)迄に、事務局へFAXにてお申し込み下さい。
NPO趣都金澤事務局 FAX 076-223-1251 (お問合せ TEL 090-9692-3231)

第14回趣都塾「あかりトーク2009」を開催いたします。月見行路&月見宴と合わせて是非ご参加下さい。

金沢にあかりイベントは必要か?また、金沢らしいコンテンツのあり方とは?当会理事3名、長年月見光路を支えてきた金沢工業大学の宮下准教授、広坂振興会理事和田健嗣氏、本年鳥越の一向一揆まつり万灯華をプロディースした飯尾豊氏とともに探る。

月見光路2009

日時
平成21年9月19日(土)~9月22日(火)12:00~22:00(19日のみ17:00~22:00)
場所
金沢市役所前広場および広坂通り周辺
内容
光のオブジェ、月見カフェ、ひかりコンサートなど
毎年秋の恒例の「月見光路」が今年も開催されます。
光のオブジェとおしゃれな音楽と食で秋の夜のひとときをお楽しみください。
日時
平成21年7月16日(木)18:30~20:30
場所
ITプラザ武蔵 金沢市武蔵町14番31号
テーマ
かなざわの中心街活性化事業から学ぶ~それぞれの街のスタイルと連携の可能性~
パネリスト
中島祥博氏 (武蔵活性化協議会 会長)
平井大承氏 (金沢中心商店街まちづくり協議会(5タウンズ) 会長)
安久豊司氏 (㈱建築プロデュース研究所 代表取締役社長)
コーディネーター
宮下智裕氏 (金沢工業大学 准教授)
参加費
無料
※趣都塾終了後に懇親会を行います。ふるってご参加ください(会費:6,000円程度予定)
お申し込み
参加希望の方は、3月2日(月)迄に、事務局へFAXにてお申し込み下さい。
NPO趣都金澤事務局 FAX 076-223-1251 (お問合せ TEL 090-9692-3231)
日時
平成21年4月25日 15:30~18:00(開場15:00~)
場所
石川県立美術館 1Fホール
テーマ
金沢・やわらかなまちづくり
プログラム
■第一部 事業報告・事業計画発表
スペシャルトーク「おしゃれで、知的に素敵に」
講師:フランソワーズ モレシャン氏
■第二部 パネルディスカッション「女性の視点@金沢流ライフスタイル」
パネラー:フランソワーズ モレシャン氏(スペシャルトーク講師)
不室 康昭氏(加賀麩不室屋 代表取締役)
馬場由記子氏(懐華樓・兼見御亭・見城亭 女将)
コーディネーター:金谷 末子氏(NPO法人趣都金澤 監事 / 金沢工業大学 客員教授)
定員
200名
主催
NPO法人趣都金澤
後援
北国新聞社、㈶金澤芸術創造財団
お申込み
参加希望の方は、4月20日迄に、事務局へFAXにてお申し込み下さい。
NPO趣都金澤事務局 FAX 076-223-1251 (お問合せ TEL 090-9692-3231)

日本一趣深い都市・趣都金澤の創造を標榜し、まちづくり活動を続けるNPO法人趣都金澤。
設立2周年を記念し、趣都金澤フォーラム2009を開催いたします。
よりよいまちづくりを考える機会として、沢山の方々のご参加をお待ち致しております。

【事業報告】 …第一部では前年度の事業報告と今年度の事業計画の発表を滞りなく終え、引き続いてのスペシャルトークではフランソワーズ・モレシャン氏の人柄が伝わる大変楽しいトークを聞かせて頂き、彼女の金沢に対する愛着が金沢市民に勇気と誇りを与えてくれました。 第二部のパネルディスカッションでは女性の視点でみた新しい価値としての金沢を発見することができ、大変有意義な時間を共有できました。ご参加頂いた皆様に、心より感謝致します。

日時
平成21年3月7日(土)13:30~15:30
場所
石川県立美術館 1階ホール
テーマ
「県都・金沢に響く美術館協奏曲~2大美術館連携で創る、金沢文化中心ゾーン~」
話者
石川県立美術館館長  嶋崎丞 氏
金沢21世紀美術館館長  秋元雄史 氏
聞き手
NPO法人趣都金澤理事長  浦 淳
参加費
無料
主催
NPO法人趣都金澤
後援
金沢芸術創造財団、石川県インテリアデザイン協会、(社)日本建築家協会北陸支部石川建築家会議、(社)金沢青年会議所
お申込み
参加希望の方は、3月2日(月)迄に、事務局へFAXにてお申し込み下さい。
NPO趣都金澤事務局 FAX 076-223-1251 (お問合せ TEL 090-9692-3231)

昨年秋リニューアルオープンした石川県立美術館。金沢21世紀美術館と共に金沢中心市街地の魅力が更にアップした。第12回の趣都ミニフォーラムでは、今後、2大美術館はどのような役割を果たすべきか、また、文化経済都市・金沢をより高次に引き上げていくにあたり、美術館同士の連携の可能性は・・・。石川県立美術館 嶋崎丞館長、金沢21世紀美術館 秋元雄史館長のお二人にお話いただき、2大美術館を含めたこれからの石川・金沢の美術・博物館連携のあり方について考えます。

新年のご挨拶

皆様、新年明けましておめでとうございます。

昨年中はNPO法人趣都金澤の活動に際しまして一方ならぬご協力を賜り

誠に有難うございます。HP上ではございますが深く感謝申し上げます。

一昨年から本格的に動き出した”趣都金沢”ですが、

昨年を振り返ると、本当に多くの方々に関わって頂き、

事業を展開してきた1年であったと思います。

その想いの元は一言で言うならば、「金沢が秘める可能性」ではないかと思います。

新幹線時代を見据え、市民の持つパワーでまだまだできることがある。

その方向性についてはぶれることなく一点を見つめているつもりです。

運営や事業展開等でいまだ模索中の部分もございますが、

既存の枠にとらわれることなく新たな可能性を信じて

2009年も邁進して行く所存です。

本年も多くの方々と接しながら

金沢の持つ可能性をカタチにしてまいりたいと思います。

何卒ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げて

新年のご挨拶とさせていただきます。


NPO法人趣都金澤

理事長 浦 淳

日時
平成20年12月5日(金)18:30~20:00 (開場18:00)
場所
金城樓(金沢市橋場町2-23 076-221-8188)
テーマ
(45+30)×歴史~金澤を新たな視点で見直してみる~
話者
山下 保博氏 (㈱アトリエ・天工人(テクト)代表取締役)
聞手
宮下 智裕氏 (金沢工業大学環境建築学部准教授)
参加費
無料
主催
NPO法人趣都金澤
後援
(社)日本建築家協会北陸支部石川建築家会議、石川県インテリアデザイン協会
お申込み
参加希望の方は、11月25日(火)までに下記項目を記載の上、事務局へFAXにて返信下さい。
NPO法人趣都金澤事務局 FAX 076-223-1251 (お問合せ TEL 090-9692-3231)

いま旬の方でありますアトリエ・天空人(テクト)の山下保博氏をお招きし金沢工大の宮下智裕氏とクロストークを開催いたします。「建築は、最初に情報を収集し、その情報を的確に分析するところから始まる。その分析を基に、コンセプトキーワードが産み出され、その言葉がフィルターになり、形態が創られていく。」と、山下氏は言います。気鋭の建築家の目線で金沢のまちや観光について語っていただく今回の趣都塾。また、現在、金沢工大をはじめ、産学連携により推進している「アルミハウスプロジェクト」の経緯や可能性などについてクロストークいたします。意味深なタイトルの意味は当日会場でのお楽しみに・・・。

日時
平成20年8月29日(金)19:00~20:30
場所
ホテル日航金沢 3階 孔雀の間
テーマ
「趣都金澤」の国際観光都市への飛躍
講師
伊藤守郎 氏(㈱日本航空インターナショナル金沢支店長)
小阪昭雄 氏(㈱モス/ホテル日航金沢代表取締役社長)

【事業報告】 …ここ数年金沢を訪れる外国人観光客は着実に増加しています。韓国・台湾をはじめとした東アジアはもちろんのこと、欧米からの個人・団体が昨年よりも増え、少しですが国際観光都市らしくなってきています。しかしながら、他の国内観光地に比べ劣位であると言わざるを得ません。なぜこれだけの歴史と文化が息づき魅力溢れる街「趣都・金澤」が国際観光都市として飛躍できずにいるのでしょうか。航空会社とホテルから見た現状をもとに参加者の皆様と課題を共有し、今後の街づくりについてクロストークして頂きました。
クロストークの中で、昨年の欧州からの観光客が前年比8割強増えたこと、欧米人の方が中国人、韓国人より伝統や文化への関心が高いというデータが示され、東アジアだけでなくもっと欧米人に目を向け、金沢の魅力をアピールすべきであるという考えが強調されました。(北陸中日新聞記事より)