趣都金澤 > 活動実績

日時
2016年5月7日(土)13:00~18:00(開場12:30)
場所
金沢21世紀美術館 シアター21
定員
150名(申込先着順)
参加費
一般1,000円、学生500円、趣都金澤会員無料
主催
NPO法人趣都金澤
共催
金沢21世紀美術館〔(公財)金沢芸術創造財団〕
後援
石川県、金沢市、北陸中日新聞、読売新聞北陸支社、北陸工業新聞、金沢経済新聞、NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、北陸朝日放送、エフエム石川、金沢倶楽部
お申し込み
下記受付フォームに必要事項をご記入頂き4/29までにお申し込みください。 http://goo.gl/forms/sjJEm5aScQ

forum2016-omote syuto2016forum-ura

金沢の強みである「文化」を基軸としたまちづくりを目的に、市民参画型事業を図る場として2006年より毎年開催している趣都フォーラムのご案内です。みなさまのご来場をお待ちしています。
2016年の今回は「拡がる工芸、次の一手を考える」と題して、「工芸」をキーワードに、外に開いていく新たなものづくりの可能性を討論します。各パネラーは、それぞれの工芸的な発想を起点にしながら、新しい表現や作品づくりに取り組んでいる、世界的に活躍するアーティスト、デザイナー、プロデューサーで、それぞれがユニークな”工芸的”といえる取り組みを行っています。その視点や制作プロセスから、工芸の外に開く創造性を取り上げて、次の一手を考えるヒントにします。

■Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/981318798602929/

■スケジュール
第一部 13:00-13:30 開会、趣都金澤宣言、趣都金澤事業報告
第二部 13:30-16:25 プレゼンテーション「拡がる工芸、次の一手」
 「クリエイターを刺激する西陣織の挑戦」細尾 真孝(13:35-14:05)
 「ヒールレスシューズに見る、日本文化の再構築」舘鼻 則孝(14:10-14:40)
 「未来工芸ーこれまでのものづくりとこれからのものづくりー」secca(15:05-15:35)
 「伝統から跳躍する表現としての工芸」牟田 陽日(15:40-16:10)
第三部 16:35-18:00 シンポジウム「工芸の何が新しいのか?」
 モデレーター 秋元 雄史(金沢21世紀美術館館長)
 パ ネ ラ ー 細尾 真孝、舘鼻 則孝、secca、牟田 陽日

■登壇者プロフィール
細尾 真孝 Masataka HOSOO
1978年西陣織老舗 細尾家に生まれる。細尾家は元禄年間に織物業を創業。人間国宝作家作品や伝統的な技を駆使した和装品に取り組む。大学卒業後、音楽活動を経て、大手ジュエリーメーカーに入社。退社後フィレンッェに留学し、2008年に細尾に入社。2009年より新規事業を担当。帯の技術、素材をベースにしたファブリックを海外に向けて展開し、建築家、ピーター・マリノ氏のディオール、シャネルの店舗に使用される。最近では「伝統工芸」を担う同世代の若手後継者によるプロジェクト「GO ON」のメンバーとして国内外で幅広く活動中。日経ビジネス誌2014年「日本の主役 100人」に選出される。

舘鼻 則考 Noritaka TATEHANA
1985年東京生まれ。歌舞伎町で銭湯「歌舞伎湯」を営む家系に生まれ鎌倉で育つ。シュタイナー教育に基づく人形作家である母の影響で幼少期から手でものをつくることを覚える。東京藝術大学では絵画や彫刻を学び、後年は染織を専攻する。遊女に関する文化研究とともに日本の古典的な染色技法である友禅染を用いた着物や下駄の制作をする。現在はアーティストとして、国内外の展覧会へ参加する他、伝統工芸士との創作活動にも精力的に取り組んでいる。作品は、ニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館など、世界の著名な美術館に永久収蔵されている。

secca
伝統工芸の基礎技術と最先端の3Dテクノロジーを掛け合わせ、これまでに無かった技法を独自に編み出し、「未来工芸」をテーマに器などの生活用品を中心とした新たなモノづくりの価値を創造している。
上町 達也 2006年3月金沢美術工芸大学卒業。株式会社ニコンに入社。同デザイン部に所属。2013年株式会社ニコンを退社。同年株式会社雪花を設立し代表取締役に就く。2014年より金沢美術工芸大学非常勤講師。
柳井 友一 2005年3月金沢美術工芸大学卒業。日本ビクター株式会社に入社。同デザインセンター所属。2010年多治見市陶磁器意匠研究所入所。2012年金沢卯辰山工芸工房に所属。2015年株式会社雪花に参画。取締役に就く。

牟田 陽日 Yoca MUTA
1981年東京都に生まれる。2008年ロンドン、ゴールドスミスカレッジ、ファインアート科卒業。その後、石川県の伝統工芸である九谷焼に出会い、2012年石川県立九谷焼技術研修所卒業。現在、石川県能美市にて工房兼住居を構える。日常的な食器、茶器などの美術工芸品、アートワーク的な表現要素の強い作品など多岐に渡り制作する。2014年からは動植物や幻獣などを多く描き、古典的題材と私的寓話の共在する色絵磁器を発表している。九谷焼を素材、工芸を媒体としながら、日本の美感とアートの概念の間を相互に交信するような作品制作を目標とする。

■告知新聞記事
「金沢経済新聞」2016年04月28日
金沢で「工芸」フォーラム レディガガさんの靴手掛けるアーティストも登壇
http://kanazawa.keizai.biz/headline/2636/

日時
2016年3月26日(土)15:00~17:00(懇親会18:00~)
会場
金沢みなと会館 第2会議室(金沢市無量寺町り部80)
内容
【かなざわベイエリア・モニターツアー:報告】15分 当委員会
【国際物流拠点への金沢港の取り組み:講話】60分 石川県商工労働部港湾活用推進室
【かなざわベイエリアプロジェクト事業構想:討議】30分 当委員会
お申し込み
ご参加の方は、3月19日(土)迄に必要事項を明記の上、事務局へFAXにて返信下さい。FAX 076-223-3581

かなざわベイエリアを思考する金沢港編

北前船貿易を通して金沢の経済の要であった「かなざわベイエリア」は、金沢の都心軸西端に位置し、金石・大野・金沢港・粟崎・内灘・内灘砂丘・河北潟まで連接した地域として、人々の「感性」「知性」に響く「奥深さ」や「情緒」ある景観や文化を持っている。かなざわベイエリアの歴史、現状を学び、新旧文化の融合する地域の魅力を発信し、長期的な賑いに繋げていきたい。
金沢の強みである文化を機軸に、かなざわの海の玄関口「かなざわベイエリア」のポテンシャルを活かし、市民参画型のまちづくりで賑わいを創出する。中心となる金沢港については、ポスト工業化をキーワードとし、工業港湾としての機能を持ちつつも、文化サービスの創造、生産、流通の担い手が「停泊」する場、人・物・文化の国際交流・発信拠点「文化の港」へと、ハイブリッドなソフト・ハード基盤を携えた「かなざわベイエリア」の実現へと誘導したい。
新幹線以降の金沢都心エリアとの「都市内連携」、延いては、加賀・能登・富山・福井との「北陸連携」へと合意形成していくには、これまで趣都金澤の寄与した月見光路、金澤宮遊、アート・カフェ、かなざわ燈涼会、レ・ヴァン・ドール・カナザワなどの先例を踏まえ、視野を広げ、戦略的に、具現化へと思考・実践する必要がある。
本シリーズ(3回予定)は、「金沢ベイエリア」、その中心である金沢港を取り巻く環境について学び、柔軟な発想へと繋げていく。当日は、ブリスベン発着の客船「シー・プリンセス」が、戸水埠頭に停泊している。市民によるウェルカム・セレモニーの様子なども見ることができる。

日時
2016年3月8日(火)19:00~20:00
場所
金沢歌劇座・第4会議室(金沢市下本多町6-27※3階)
テーマ
「今できること。経験を伝え、残す。」-がん治療医が患者となって思うこと-
内容
・がん患者となって思ったこと、伝えたいこと
・今できること
・どう生きるか
・金沢らしいマギーへの想い
■マギー ……乳がんを抱えたイギリス人のマギー・ケズウィック・ジェンクスさんの思いがもととなり、遺志を受け継いだ人たちの手で1996年にエジンバラで開設されたガンを抱えた人や家族、友人をいつでも、あたたかく迎えるための家庭的な安息の場所。イギリスのマギーをそのまま金沢に移し替えるのはなく、「金沢らしい文化的なマギー」の実現を活動しています。
講師
西村元一氏(趣都金澤会員・金沢赤十字病院・第一外科部長(兼)副院長)
会費・定員
無料・30名
お申し込み
ご参加の方は、3月3日(木)迄に必要事項を明記の上、事務局まで返信下さい。MAIL info@noetica.co.jp もしくは FAX 076-223-3581

第43回 趣都塾

西村元一先生は、昨年、進行胃がん患者となり、現在治療に当たられています。金沢赤十字病院副院長兼第一外科部長という専門医としてこれまで手術を行ってきた西村先生は、実際にがん患者という立場になって、「治療を経験してみて分かったことがある。経験した人間の話を聞くことで、未経験の人も事前に知ることができる機会があれば」とお話されました。また、昨年12月より活動が始まった「金沢マギー」。西村先生は「金沢らしい文化的な建物・空間で、金沢にあったマギーの来年度の常設を目指す」ともお話されました。
そこで今年度最後の趣都塾は、西村元一先生を講師にお招きし、金沢という地で、自らががん患者として活動していることへの想いをお話いただくことで、会員みなさんの生き方や、金沢らしさについて考える機会になることを目的に開催します。お時間の許す限り是非ご参加下さい。お待ち申し上げます。

日時
2016年2月24日(水)19:00~20:30
場所
ノエチカ(金沢市下本多町6-40-1 3F)
テーマ
金沢郷土研究シリーズ③「かつての金澤の風景を訪ねる」
内容
巌如春。大正・昭和の激動の時代を生き抜いた金沢の絵師。金沢の歴史研究に基づいた彼の絵はその昔の金沢を鮮やかに蘇らせる。彼の作品、彼の生い立ちを訪ね巌如春の金澤を訪ねます。その他数多くの金澤を描いた風景や古写真を使ってかつての「金澤の風景」を紹介します。
 ・巌如春の生い立ち (和田文次郎と巌如春)
 ・数多くの昔の金澤の風景 (石川県下商工便覧など) ・金澤の絵 (金沢図屏風など)
 ・金澤の古写真 (北国新聞など)
 ・金澤の風景と金澤の文化・風習 (昔の金澤、梅田日記、金澤の風習)
講師
小西裕太氏(NPO趣都金澤会員・金沢研究所主宰)ほか
会費・定員
無料・20名
お申し込み
ご参加の方は、2月18日(木)迄に必要事項を明記の上、事務局まで返信下さい。MAIL info@noetica.co.jp もしくは FAX 076-223-3581

第42回 趣都塾

北陸新幹線時代が現実化した金沢。金沢が今後も都市としての魅力を維持発展し続けるためには、「歴史」、「文化」、「産業」といった金沢が誇る豊かな地域資源をどのように活用し、発信していくかが問われています。そこで、節目と言える今年度の趣都塾は、多様性ある金沢の魅力を理解し、金沢の魅力を活用できる機会の提供を目的として年間を通して開催してまいります。
今回は金沢郷土研究シリーズ最終章・第3弾として、「かつての金澤の風景を訪ねる」と題して開催します。趣都金澤の会員であり金沢研究所を企画運営、またWEBサイト「ビューティーホクリク」で金沢の魅力を様々な角度から発信している小西裕太氏をお招きし、講話いただきます。お時間の許す限り是非ご参加下さい。お待ち申し上げます。

日時
2016年2月20日(土)13:00~ 14:00~ 15:00~ 各席45分
場所
松濤庵(金沢21世紀美術館 敷地 正面玄関横)
定員
各回20名ずつ
参加費
会員1.000円/人 非会員1,500円/人
概要
待合 10分
薄茶 30分(点前:川崎・谷村)
主催
NPO法人趣都金澤
お申し込み
ご参加の方は、2月15日(月)迄に必要事項を明記の上、事務局へFAXにて返信下さい。FAX 076-223-3581

金沢21世紀美術館正面に建つ茶室「松濤庵」にて、誰もが気軽に立ち寄れる茶会を開催します。
点前は趣都金澤メンバーの表千家教授者 川崎宗晃(川崎晃子)さんと、(株)谷庄の谷村庄太郎さん。使用する茶道具やしつらえは金沢の工芸作家の作品や、趣都金澤のメンバーが制作した茶碗も登場します。待合ではアートなしつらえを鑑賞しつつ、初心者の方にはお茶の頂き方のレクチャー伝授もいたします。伝統と現代を融合したオープンなお茶会です。お気軽にお誘いあわせのうえ御参加ください。

日時
2016年2月19日(金) 19:00-21:00
場所
ノエチカ(金沢市下本多町6-40-1 3階)
参加費・定員
1,000円(1ドリンク付き)・40名(事前予約制)
お申し込み
ご参加の方はメール(info@noetica.co.jp)またはFAX(076-223-3581)にて返信下さい。
主催
金沢まち・ひと会議
後援
NPO法人趣都金澤

machihitoSaron04

工芸建築を語る 其の三
場所の文化を考える
「工芸建築」とは、建築をいわばひとつの工芸作品として考えてみる試みです。金沢まち・ひと会議では、現代における新たな建築作品の可能性、新たな工芸の展開可能性として、素材・技法・空間スケールという視点から「工芸建築」という概念を議論しています。
このサロンでは二回にわたって、「工芸建築」というものの概念整理と、それがもたらす産業としての可能性についての議論を行ってきました。今回は、これまでの議論をふまえつつ、「工芸建築と場所の文化」についての対話をおこないます。
「工芸」は、地名が産地として定着してきたように、場所とつながりをもってきたと考えられています。一方「建築」はまさに建つことによって物理的に場所と関わっています。では「工芸建築」と「場所の文化」はどのような関係を結べるのでしょうか。
これらの問いを読み解くために、「土地」や「技術」「価値」などのキーワードを手がかりにして、「工芸建築」と「場所の文化」の関係を考えていきます。

《話題提供者プロフィール》
猪谷聡
石川県金沢市生まれ。中学・高校時代を富山県で過ごす。大阪大学文学研究科博士後期課程修了(美学)。文学博士。大学講師としてデザイン論、近代工芸史、映画映像論などを教えた後、平成23年の開館時より鈴木大拙館の学芸員に着任。 学生時代より柳宗悦の研究を通じて、鈴木大拙を知る。共著に『近代工芸運動とデザイン史』(思文閣出版)、『民芸運動と建築』(淡交社)など。

西村松逸
初代西村松逸(祖父)、二代松逸(父)に漆芸を習う。人間国宝大場松魚先生に師事し、第29回日本伝統工芸展初出品、初入選。国際花と緑の博覧会、政府苑(花もよう)招待出品。第8回日本伝統漆芸展、最高賞(文化庁長官賞)受賞。

吉村寿博
1969年鳥取県倉吉市生まれ。横浜国立大学大学院 修了。1995~2004年妹島和世建築設計事務所/SANAA勤務。金沢21世紀美術館の建設にプロジェクトリーダーとして携わる中、金沢の魅力に触れ、金沢への移住を決意。2004年吉村寿博建築設計事務所 設立。2007年CAAK ; Center for Art & Architecture, Kanazawa 共同設立。現在、金沢美大・金沢工大・金沢大学非常勤講師。

日時
2016年1月27日(水)19:00~20:30
場所
ノエチカ(金沢市下本多町6-40-1 3F)
テーマ
日本政策投資銀行 古田支店長に聞く!「金沢の今と未来の姿」
内容例
・北陸新幹線開業による石川県内への経済波及効果の実情
・新幹線開業・地方創生の中、「今、金沢はどうなっているのか?」
・地域づくりのヒント。選ばれる地域
・北陸地域における産業観光の可能性 等
講師
古田 善也 氏(日本政策投資銀行北陸支店長)
会費・定員
無料・20名程度
お申し込み
ご参加の方は、1月15日(金)迄に必要事項を明記の上、事務局まで返信下さい。MAIL info@noetica.co.jp もしくは FAX 076-223-3581

第41回 趣都塾

北陸新幹線時代が現実化した金沢。金沢が今後も都市としての魅力を維持発展し続けるためには、「歴史」、「文化」、「産業」といった金沢が誇る豊かな地域資源をどのように活用し、発信していくかが問われています。そこで、節目と言える今年度の趣都塾は、多様性ある金沢の魅力を理解し、金沢の魅力を活用できる機会の提供を目的として年間を通して開催してまいります。
今回は、日本政策投資銀行北陸支店の古田支店長を講師にお迎えし、「支店長に聞く!金沢の今と未来の姿」と題して開催します。 新幹線開業からもうすぐ1年が経とうというこの時期に、産業・経済・観光面から文化都市金沢が今、置かれている状況を認識すると同時に今後のあり方を考える機会になればと思います。お待ち申し上げます。

【書籍販売/予約申込のお知らせ】
『金沢らしさとは何か―まちの個性を磨くためのトークセッション―』

金沢らしさチラシ_趣都金澤3_01

■予約申込について

2015年12月10日に刊行予定の『金沢らしさとは何か―まちの個性を磨くためのトークセッション―』の予約申し込みにつきましては、以下のチラシに必要事項を明記のうえ、FAXにてNPO法人趣都金澤までお送りください。

TEL:076-223-3580 FAX:076-223-3581
(※商品の受取やお支払い方法については発売元の北國新聞社より改めてご連絡があります)


■書籍『金沢らしさとは何か―まちの個性を磨くためのトークセッション―』について

“金沢らしさは、長い歴史、自然、文化、市民の精神性、そういうものの総体としてできてきたひとつの雰囲気ですね。一言ではいえないから「らしい」という表現になっていると思います。しかし、さりとて「らしい」がいいかげんでいいということではありません。一人ひとりの考え方、感性、そういうものを研ぎ澄ませてまとめていかなきゃならないまちが金沢です”(本文より)

【刊行】2015年12月10日予定 四六版 約300ページ 【定価】1,728円(税込)
【著者】山出保+金沢まち・ひと会議 【発行】北國新聞社

日時
2015年12月13日(日)18:00開場 シンポジウム18:30-20:00、茶話会 20:10-21:00
会場
金沢歌劇座 大集会室(金沢市下本多町6-27)
定員
250 名 先着申込順
会費
一般3,500円/学生2,000円 書籍&茶話会費含む
主催
金沢らしさとは何か出版を祝う会実行委員会
後援
北國新聞社、北陸放送(予定)、石川テレビ放送(予定)、テレビ金沢(予定)、北陸朝日放送(予定)、エフエム石川、金沢倶楽部、金沢経済新聞、NPO法人趣都金澤

出版記念シンポジウム

12/13 金沢らしさとは何か 出版記念シンポジウム&茶話会

前金沢市長の山出保氏を囲み、金沢まち・ひと会議(※)の有志等が集って始めたまちづくり勉強会の成果を、この度トークセッション集「金沢らしさとは何か」として12月に出版します。本シンポジウムは出版記念として、山出氏及び金沢のまちづくりの象徴的な建造物である「金沢21世紀美術館」の設計を担った建築家の妹島和世氏をお招きし、北陸新幹線開通後ますます重要度を増す「金沢らしさ」について対話頂きます。金沢ならではの「らしさ」をもったまちづくりの重要性について語って頂きます。

出演
山出  保・・・石川県中小企業団体中央会会長
妹島 和世・・・建築家
内田奈芳美・・・埼玉大学准教授、金沢まち・ひと会議
佐無田 光・・・金沢大学教授、金沢まち・ひと会議

※金沢まち・ひと会議とは…金沢のまちづくり・ひとづくりについて意見のある仲間が集まって、明日の金沢のあり方を研究する会です。www.machihitokanazawa.com

■書籍『金沢らしさとは何か―まちの個性を磨くためのトークセッション―』とは
“金沢らしさは、長い歴史、自然、文化、市民の精神性、そういうものの総体としてできてきたひとつの雰囲気ですね。一言ではいえないから「らしい」という表現になっていると思います。しかし、さりとて「らしい」がいいかげんでいいということではありません。一人ひとりの考え方、感性、そういうものを研ぎ澄ませてまとめていかなきゃならないまちが金沢です”(本文より)
【刊行】2015年12月10日予定 四六版 約300ページ 【定価】1,728円(税込)
【著者】山出保+金沢まち・ひと会議 【発行】北國新聞社  ※表紙は変更する可能性があります


★出版記念シンポジウム&茶話会お申込方法★
以下の必要事項を明記の上、12月9日(水)までに、公式申込フォーム、E-MAILまたはFAXにてお申込ください。
【公式申込フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/13mGZzdSd5yqo2HH1YNDSaoZ5oFthw6Nf-rSt35twJnY/viewform?usp=send_form
1.名前(ふりがな)
2.所属名(企業・団体・学校)
3.Email
4.TEL
5.申込種別(一般または学生)
6.人数
《申込先:ノエチカ》 【E-MAIL】info@noetica.co.jp 【FAX】076-223-3581 担当:高山(TEL: 076-223-3580)
書籍の注文のみも承ります。詳しくは《こちら》から

日時
2015年10月29日(木)19:00~20:30
場所
八百萬本舗(金沢市尾張町2丁目14−20)
テーマ
金沢郷土研究シリーズ②「金澤古蹟志を読む&あなたのご先祖の調べ方」
内容
幕末に加賀藩士として柿木畠に生まれた森田平次が、晩年金沢をはじめ石川県の歴史文献をまとめた「金澤古蹟志」。金沢の街の隅々を訪ね歩き、知る文献、出来事を場所ごとに森田の視点で書かれています。また、金澤古蹟志の後に書かれることになる名著ヴァルター・ベンヤミンのパサージュ論。この二つは同じように都市というものをどのように記録俯瞰するかという手法の類似点を垣間見る事ができます。金沢を描いた森田平次とパリを描いたヴァルター・ベンヤミンの共通点とは?金沢のDNAが詰まった金澤古蹟志を抜粋、紹介します。
また、前回実施後のアンケートで自分の先祖を調べる方法を知りたいという声があったことを踏まえ、図書館をはじめ金沢の様々な歴史研究を行っている方々からその方法についてもお話を伺います。
講師
小西裕太氏(NPO趣都金澤会員・金沢研究所主宰)ほか
会費・定員
無料・20名
お申し込み
ご参加の方は、10月23日(金)迄に必要事項を明記の上、事務局まで返信下さい。MAIL info@noetica.co.jp もしくは FAX 076-223-3581

syutojyuku40

北陸新幹線時代が現実化した金沢。金沢が今後も都市としての魅力を維持発展し続けるためには、「歴史」、「文化」、「産業」といった金沢が誇る豊かな地域資源をどのように活用し、発信していくかが問われています。そこで、節目と言える今年度の趣都塾は、多様性ある金沢の魅力を理解し、金沢の魅力を活用できる機会の提供を目的として年間を通して開催してまいります。
今回は前回8月開催に続くシリーズ第2弾として「金澤古蹟志を読む&あなたのご先祖の調べ方」と題して開催します。趣都金澤の会員であり金沢研究所を企画運営、またWEBサイト「ビューティーホクリク」で金沢の魅力を様々な角度から発信している小西裕太氏をお招きし、講話いただきます。お時間の許す限り是非ご参加下さい。お待ち申し上げます。