趣都金澤 > 活動実績 > 2017年度 > 「第8回金沢まち・ひとサロン」 (3/10 Sat)

「第8回金沢まち・ひとサロン」 (3/10 Sat)

第8回金沢まち・ひとサロン
「2030年の金沢-北陸の可能性」

認定NPO法人趣都金澤では、設立10周年を契機として今年度これからの金沢を考えるためのトークリレーを行ってきました。これは、実践に基づいてより良いまちづくりに向けた「まちづくり提言」をトークリレーの参加者と一緒にまとめるものであり、趣都金澤の次の10年のビジョンをつくることでもあります。これまでの7回の会を通して、まちづくり提言のたたき台が見えてきました。
そこで、今回3月の金沢まち・ひとサロンでは、そのたたき台をご紹介した上で、パネリストの方々に普段まちについて感じていることについて、2030年の金沢のまちと北陸のありかたを考えるための意見をいただきます。
ご専門の知見から、例えば伝統文化や移住について、また、地域の魅力の伝えかたや北陸のつながりかたなどの視点からテーマを深めます。
※詳細|https://www.facebook.com/events/212311206000506/

【開催概要】
日 時 2018年3月10日(土)19:00~
会 場 KUMU 金沢-THE SHARE HOTELS-(金沢市上堤町2-40)
参加費 一般1,500円・会員1,000円※ワンドリンク付
定 員 50名(事前予約制)
問合先 info@noetica.co.jp、TEL 076-223-3580 担当:高山
申込先 https://goo.gl/forms/o5outLp1JOpfjmwu2

【パネリスト】※五十音順
内田奈芳美|埼玉大学准教授、金沢まち・ひと会議
永井三岐子|国連大学OUIK事務局長
奈良 宗久|茶道裏千家今日庵業躰
水口 克夫|Hotchkissアートディレクター
【モデレーター】
小津 誠一|建築家、金沢まち・ひと会議

【金沢まち・ひと会議について】
金沢のまちを織りなすオーセンティック(真正)な価値を掘り起こし、まちのクオリティを求める有志のひとびとのつながりをつくり出し、世界の中で評価される新しい都市文化を金沢から発信することを目的に、さまざまな情報発信、コミュニティ形成、事業提案を行っています。
http://machihitokanazawa.com/