趣都金澤 > 活動実績 > 2014年度 > 趣都フォーラム2014「after 3.11 / 建築・まち・人」

趣都フォーラム2014「after 3.11 / 建築・まち・人」

日時
2014年5月16日(金)19:00~21:35(受付18:40~)
場所
金沢21世紀美術館 シアター21
定員・参加費
180名(先着順)・1,000円(趣都金澤 会員無料)
主催
NPO法人趣都金澤
共催
金沢21世紀美術館〔(公財)金沢芸術創造財団〕
後援
石川県,金沢市,石川県インテリアデザイン協会,(一社)石川県建築士事務所協会,(公社)日本建築家協会 北陸支部,(株)金沢倶楽部,(株)北陸工業新聞社
お申し込み
下記受付フォームに必要事項をご記入の上、5/9までにお申し込みください。
http://kokucheese.com/event/index/166686/

syuto0516_01syuto0516_02

金沢の強みである「文化」を基軸としたまちづくりを目的に、市民参画型事業を図る場として2006年より毎年開催している趣都フォーラム。今年は、金沢21世紀美術館の10周年に重なる年でもあり、11/1から開催される金沢21世紀美術館10周年記念展「3.11以後の建築」展にむけて、展覧会のゲストキュレーターを務められる五十嵐太郎氏 (建築評論家)、山崎亮氏 (コミュニティデザイナー) をお迎えし、3.11以後のこれからの社会の中で、建築家はどのような未来を描いていくのかをテーマに講演を頂きます。また第二部では、金沢のこれからの都市像について、学者や建築家やまちづくりプランナーはどのような役割を求められ、どのような都市像を描くことができるのかをテーマにパネルディスカッションを行います。

《当日プログラム》
18:40 受付開始
19:00 開会のごあいさつ
19:05 趣都金澤宣言/事業報告・事業計画発表
19:15 第一部:トーク(60分)
20:15  (休憩10分)
20:25 第二部:パネルディスカッション(60分)
21:25 質疑応答(10分)
21:35 閉会予定

●第1部 トーク 金沢21世紀美術館10周年記念展「3.11以後の建築」について
*パネリスト
  五十嵐 太郎 (東北大学大学院工学研究科 教授)
  山 崎   亮 (株式会社studio-L 代表)
*コーディネーター
  鷲田 めるろ (金沢21世紀美術館)

●第2部 パネルディスカッション
*パネリスト
  五十嵐 太郎 (東北大学大学院工学研究科 教授)
  内田 奈芳美 (埼玉大学経済学部 准教授)
  浦    淳 (NPO法人趣都金澤 理事長)
  小 津 誠 一 (有限会社E.N.N. 代表)
  山 崎 亮 (株式会社studio-L 代表)
*コーディネーター
  佐無田 光 (金沢大学人間社会学域 教授)