趣都金澤 > 活動実績 > 2015年度 > 第2回 金沢まち・ひとサロン「工芸建築を語る 其の一」

第2回 金沢まち・ひとサロン「工芸建築を語る 其の一」

日時
2015年4月13日(月) 19:00-21:00
場所
尾張町町民文化館(金沢市尾張町1-11-8)
定員
40名 事前予約制
参加費
1,500円 ワンドリンク付き
お申し込み
ご参加の方は、info@noetica.co.jp までお申込みください(金沢まち・ひと会議)

machi-saron2 (1)

建築をひとつの工芸として考えてみましょう。歴史的にみるならば、建築は工芸技法の神髄が集められた総合的な空間作品でした。ですが、建築と工芸が分離して久しくなっています。金沢まち・ひと会議では、現代における新たな建築、新たな工芸の展開可能性として、「工芸建築」のあり方を問題提起しています。工芸建築とは何か。金沢からいかに現代の工芸建築を発信できるか。お酒を酌み交わしながら、工芸建築の可能性を語り合います。

《話題提供者》 ※金沢まち・ひと会議メンバー
秋元雄史|金沢21世紀美術館館長
中村卓夫|陶芸家
小津誠一|建築家
佐無田光(司会)|金沢大学教授

《フェイスブックイベントページ》 https://www.facebook.com/events/949347991755983/

金沢まち・ひとサロンとは… 街角サロン風の気楽な雰囲気で、まちづくり・ひとづくりについて意見のある仲間が集まって、明日の金沢のあり方を議論するオープンな場所づくりの試みです。