趣都金澤 > 活動実績 > 2011年度以前 > 第17回 趣都塾「金沢港を知る」

第17回 趣都塾「金沢港を知る」

日時
平成22年3月20日(土)【集合】15:15
【金沢港周辺視察・意見交換】15:30~18:00【懇親会】18:00~
場所
金沢みなと会館
テーマ
金沢港を知る~趣都金澤 文化の港構想 Bay Area Project~
参加費
無料 【懇親会】6,000円「直江屋源兵衛」
お申し込み
参加希望の方は、3月2日(月)迄に、事務局へFAXにてお申し込み下さい。
NPO趣都金澤事務局 FAX 076-223-1251 (お問合せ TEL 090-9692-3231)
主催
NPO法人趣都金澤
後援
国土交通省北陸地方整備局 金沢港湾・空港整備事務所

金沢ベイエリアに「感性」「知性」に訴え「文化」「奥深さ」「情緒」のある金沢らしい景観や交流基盤を設え、グローバルに通用する文化創造都市金沢の魅力向上を図ることで、人・物・金の交流ゲートウェイとなり、街に活気が溢れる。そんな 「 文化の港 ~金沢ベイエリア~ 」を構想したい。

グローバル経済・社会の流れを読みながら、規模は追わず、金沢ベイエリアの歴史・伝統文化など地域の強み・ポテンシャルを活かしたポスト工業化=非工業港湾を目指すとどうなるか。金沢市中心部等との「都市内連携」、福井・小松・能登・富山空港・七尾・伏木・敦賀港と環日本海「北陸連携」で共存共栄していくとどうなるか。視野を広げ戦略的思考をする中に、これまで趣都金澤が手掛けた月見光路、街路リデザインなどの事業と連動させ、構想の一端を具現化に結び付けていけないだろうか。

「金沢ベイエリア」は、都心軸終端から金石・大野・金沢港・河北潟・内灘・内灘砂丘までを想定できるが、まずは、その根幹たる金沢Bay(=金沢港)を知る必要がある。今回は、案外知られていない金沢港を取り巻く環境についての視察によって、私たち自身が金沢港を知ろうという場であり、港の機能に加え、景観に至る課題の認知と多様な発想を膨らませる機会となる。