趣都金澤 > お知らせ

認定NPO法人趣都金澤では、この度、10年の活動の集大成として、まちづくり提言「世界趣都 金沢2030 実現への12のメソッド」をまとめました。これは、市民・行政・事業者に、提言を通して多主体が協働して創り上げていく、まちの在り方を提案するものです。


タブロイド表紙


提言書の本文PDFの閲覧は【こちら】をクリックください


認定NPO法人趣都金澤
世界趣都 金沢2030 実現への12のメソッド

1.本提言の背景について
2.世界趣都 2030年に創造したい金沢のすがた
3.世界趣都 金沢2030 実現への12のメソッド
   ■ 文化の質を高める機会を増やす
   ① 金沢の意味を更新する「学びの場」をつくる
   ② 「金澤尺度」を醸成する
   ③ 文化の循環のための「経済的仕組み」をつくる
   ■ 「文化経済都市」として世界とつながる
   ④ 文化資源を「国際的につなぐ仕組み」をつくる
   ⑤ 異分野コラボレーションを促進する
   ■ 趣ある都市空間をつくる
   ⑥「都市内自然」と「静謐」な場を文化として守る
   ⑦「秩序ある都市空間」をデザインする
   ■ 創造的なコミュニティを育む
   ⑧ 次世代の「まちづくりの担い手」を育てる
   ⑨ 地域と共に「まちづくりフィールド」をつくる
   ⑩ 「立場を尊重した」産官学民連携を推進する
   ■ 戦略的に地域が連携する
   ⑪ 民間ベースの「北陸都市間の連携」を促進する
   ⑫ 国内外の地域との「根拠ある連携」を進める
巻末 提言の社会的背景

認定NPO法人趣都金澤 まちづくり提言
「世界趣都 金沢2030 実現へ12のメソッド」
2019年5月18日発行
編集・発行:認定NPO法人趣都金澤
        金沢まち・ひと会議
        金沢市下本多町6番丁40番地1
        TEL 076-223-3580 / FAX 076-223-3581
        メール info@noetica.co.jp
        ウェブサイト www.syuto.or.jp

タブロイドメソッド

画像をクリックすることで拡大して閲覧可能です。

2006年から活動を開始し、2007年に法人認証を受けました「NPO法人趣都金澤」は、平成29年(2017年)7月26日に【認定NPO法人】として認定を受けました。石川県では、8団体目の認定になります。

認定の有効期間  平成29年7月26日~平成34年7月25日(5年間)

《参考》
認定NPO法人制度とは、NPO法人のうち、所轄庁がその運営組織及び事業活動が適正であること並びに公益の増進に資することにつき一定の要件を満たしていると認めた法人をいい、法人への寄付や法人による収益事業について税制上優遇される制度です。

今後とも、認定NPO法人趣都金澤を、どうぞよろしくお願いします。

認定NPO法人趣都金澤
Approved Specified Nonprofit Corporation Syuto Kanazawa

NPO法人趣都金澤では、活動をご支援いただけるサスティン会員を募集しています。
金沢の強みである「文化」を機軸とした市民主導のまちづくり事業を推進するNPO法人趣都金澤。サスティン会員は、活動を継続的にご支援いただくための制度です。

期間
1年間(2015年度:2015年4月1日~2016年3月31日)
会費
5万円/1口
対象
企業、団体、個人

入会は随時受け付けています。
入会を希望される方は、下記リンクより入会申込書をダウンロードいただき、事務局までお送りください。

サスティン会員 募集ちらし 入会申込書

「趣都金澤10周年記念トークリレー-実践に基づいたまちづくり提言に向けて-」を開催します。

本会はNPO法人趣都金澤の活動が10周年を迎えるにあたって、これまでの実践に基づいた議論を行い、これからの「まちづくり提言」を行うことを目的とした全7回のトークリレーです。最終的には石川・金沢のまちづくりをよりよくするためのまちづくり提言をまとめることを目指しています。
このトークリレーでは、これまでにNPOの活動に関わってきたメンバーがテーマごとに活動を振り返り、実践から発見したことに基づいて、より良いまちづくりに向けた提言を参加者と一緒にまとめていきます。毎回のまとめをもとにまちづくり提言としてコンセプトを整理し、最終的には10周年の集大成として「まちづくり提言」一式をまとめること、また、広くこの提言を問うべくシンポジウムや出版を行うことにつなげていきます。
今回のトークリレーは次の趣都金澤の10年のビジョンをつくることでもありますので、ぜひみなさんのこれまでの実践を踏まえたまちづくり提言作成にご参加ください。

人 数:約35名(あらかじめ受講者は確定)
対 象:趣都金澤会員および会員の紹介による
参加費:5,000円(1回~7回まで通して)(学生は2,000円)
時 期:2017年6月~2018年2月(6月,7月,8月,9月,12月,1月に開催予定)
会 場:レンタルスペース・ノエチカ(金沢市下本多町6-40-1)
趣都金澤10周年記念トークリレー01趣都金澤10周年記念トークリレー02

【「世界の成功事例100」の取材を受けました!】
先日5月8日に開催された『趣都フォーラム2015』をきっかけに、「国連大学高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット」様からの依頼を受け、趣都金澤の浦理事長とアーティストでもあり理事のモリ川さんが、スペインのジャーナリストの方から取材を受けました。(www.facebook.com/towardsthehumancity

11229317_963883553642215_6966389290860475519_o

取材内容は、世界の創造都市にて商業的に消費されない文化的価値を生み出すクリエイターやオーガナイザーにインタビューし、平準化する都市や文化に対して世界の成功事例100として公開する予定のようです。彼らの特徴的な活動はイギリスのガーディアン紙やまたウェブサイトではThe Huffington Postなどで取り上げられているほどです。金沢での本日の収録では、浦理事長とモリ川理事のそれぞれの金沢での活動や世界の他の都市へ向けたメッセージ等を収録しました。公開された際にはこの場でもお知らせいたします。
今月末は、ユネスコ創造都市ネットワーク会議も開催され、ますます金沢への注目も集まるなか、消費されない文化的価値をつくることの必要性と、それをわかりやすく伝えることの重要性を改めて感じた夜でした!
※21世紀美術館の許可を得て取材・撮影しています。

【 掲載のご案内 】

「北國新聞」と「建設工業新聞」に当法人理事長の記事が掲載されました。ぜひご覧ください。

■「北國新聞(夕刊1面「舞台」)」(北國新聞社)2015年2月28日「世界に通じる文化都市へ」

舞台:浦淳

■「日刊 建設工業新聞」(北陸工業新聞社)2015年3月9日「本物を求める気概と多様性を認める心を」

150309_syuzai